みんなの俳句広場

立冬の能古島

撮影者 持永 真理子
投稿日 平成30年11月7日

 
                    登窯跡                   檀一雄歌碑
              たんぽぽの帰り咲き      枇杷の花が咲いていましたが、はっきりと写っていません
  立冬の能古島を訪ねました。

  青空に心置きつつ散る紅葉    真理子







 檀一雄歌碑

   つくづくと櫨の葉朱く染みゆけど

   下照る妹の有りと云はなく





 万葉歌碑 遣新羅使の歌

   風吹けば沖つ白波恐(かしこ)みと

   能許(のこ)の泊りにあまた夜そ寝る