トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 
84 秋の宵帰路のさみしく遠回り
85 新米の香り吹き上げ炊けにけり
86 山裾の里田の重き稲穂波
87 小さな子の前に膝折る赤い羽根
88 ふつと手をつなぎたくなる秋の野路
89 じゃれる猫螳螂上段の構へ
90 秋の蚊はゐるもの禅の庭とても
91 秋暮るる港に灯る常夜灯
92 島の子と手を振る航路鰯雲
93 氾濫の歴史のあれど水澄めり
94 青ふくべぐらりと夕日沈みけり
95 県道に向けてポーズの案山子かな
96 三秋や九十日の長丁場
97 蜜豆をこっそり食べる漢かな
98 白粉花のともす灯や路地の隅
99 柳散る帯湯らり締め散策す
100 自刃碑へ浄き露置く小径かな
101 秋気棲む迷うても良き森の径
102 郭公に覚め一日の永き郷
103 虫の声高しベンチの声低し
104 阿夫利嶺を風カラカラと鳥威し
105 摩周湖の天のワイパー猫ぢやらし
106 夜半の雨梢において月清し
107 鳴き納めなのにかぼそき秋の蝉
108 大漁の投網打ちたい鰯雲
109 向日葵や糞を肥料に巨大なる
110 青筑波ますます青く稲びかる
111 貝塚を過ぎて貝塚水の秋
112 句会への一歩に仰ぐ月澄めり
113 落葉松を急ぐ色鳥北信濃
114 幼な日のフラッシュバック秋祭
115 蝉しぐれ気になる時とならぬ時
116 とんぼうのつかず離れず睦む池
117 芋虫の二匹となりて撓みたる
118 桐一葉肌むけたりと五十日
119 蜻蛉にも眩しき空と思へども
120 急患に医待機す敬老日
121 颱風の見逃しくれし我が家かな
122 廃線路わきに一叢彼岸花 
123 萩寺の萩の乱れし雨となる
124 秋冷の砂嘴にけものの爪の跡
125 誰とでもすぐ仲良しにねこじやらし
126 草の花農夫の通ふ道細し
127 触れずとも弾ける女や鳳仙花
128 犬連れて佇む土手や野分後
129 枝豆やまづは芸能ニュースから
130 読み返し虚子よみかへし涼新た
131 コスモスや鳴くことやめた風見鶏
132 靡くものありさやけしと思ひけり
133 行く先のどことも知れず葛の花
134 大げさな雨音耳朶に葛の宿
135 暮れぎはの寂色こぼす鶏頭花
136 高原の白樺林霧流れ
137 とんぼうのつととどまりて向き変えて
138 存分にむせび泣けとて宿の月
139 朝の露踏み三反の畦巡る
140 墓所囲み千人草の咲きこぼれ
141 雨の日の魚に餌やる飼育員
142 逃惑ひやがてとなめの塩蜻蛉
143 大いなる秋蠢いてゐる河口
144 蝉しぐれ流人の小屋の仄暗し
145 池の面を搦めとつたる鰯雲
146 テーブルに飾る初採りカラスウリ
147 秋うらゝ笑ひて煙に巻きにけり
148 空蝉や大樹掴みて離さざる
149 眼裏にぬめりしままの穴惑ひ
150 分度器の角度高さや秋の暮れ
151 堂塔も僧坊も失せ空高し
152 声掛けて帰燕見送る岬かな
153 いずこより見てもまんまる今日の月
154 雨に濡れ葉の青々と新生姜
155 蕗叢に雨音あらし夜半に覚め
156 老骨に命惜しめとちちろ鳴く
157 負ふた子の寝息かすかや月今宵
158 木槿垣笛と太鼓のけいこの音
159 桃啜りつつ大事をさりげなく
160 柔道部駆り出されたる村相撲
161 芋虫の丸々として反り返る
162 竹林の寺領を囲む秋の声
163 台風の進路気にしつ旅三日
164 真ん中に童の墓石小鳥来る
165 口下手のうまく付き合ふ温め酒
166 秋夕焼五重塔はシルエット

第181回冬野インターネット俳句会

選句の頁(平成29年9月)

1 案山子揺れ手形残した古家に
2 支へとし十七文字を露の秋
3 立ち昇る湯気が治る冷奴
4 焦げし夜をさらに焦がして揚花火
5 一湾を染めて崩れし大夕焼
6 もたもたの虫に声援しきりなり
7 行く夏や風の変わり目ありにけり
8 投網打つ漁師の影や秋夕焼
9 夏柳今は暗渠となりし川
10 一景の蔓はだされる烏瓜
11 列島の空を汚さず鳥渡る
12 人の世に飽きて穂芒にも厭きぬ
13 稲妻や再配便のとゞきたる
14 字余りのやうに残暑の居座れり
15 水色の蜻蛉まぢかに飛び来たる
16 団欒の声楽しげや秋ともし
17 一寸物置くに便利な藤寝椅子
18 長き夜を馴染む一句の推敲に
19 芋虫を殺せり妻の命のまま
20 まだ耳に玉音放送終戦日
21 詮なしと諾ふ今日の雨月かな
22 秋刀魚好き腸はなほ独り酌む
23 磨崖仏頬に貼り付く薄紅葉
24 今日の日を高原に置く大花野
25 名石に名もなき岩に石蕗の花
26 切り岸に石碑の一つ鰯雲
27 雲の影ふれゆく風のすすき原
28 踏まるるを諦めもして草の花
29 野火止の用水古りてねこじゃらし
30 ばつた跳ぶスリル味はふかのやうに
31 流星や西海岸のレストラン
32 霧晴れて谷に一村あらはるる
33 爽やかな英語で道を尋ねられ
34 ナビの指図享けた小径や虫時雨
35 アートなる蜘蛛の囲棒で破られる
36 人の目の重さに動かざる蜻蛉
37 咲き散るも散るとは見えで百日紅
38 流れ行く水に遅れて秋津飛ぶ
39 蟲鳴くや区画整理の工事道
40 葡萄摘む二粒三粒ふふみつつ
41 朝の葉におうせを得たり露の玉
42 ミサイルが飛んで来るかも秋刀魚焼く
43 曲り家の築後百年竈馬
44 吊橋の高きに見ゆる今日の月
45 このあたり昔渚や蝉時雨
46 摘み帰り母に供ふる草の花
47 さはやかや品美しき太極拳
48 葉末より子が肩に跳ぶ??かな
49 応援の疎らな外野ちちろ鳴く
50 じやんけんがけんかの原由赤のまま
51 敬老日帰らざる日をふと思ふ
52 月替わり暦通りの野分かな
53 露草の雫や光膨らませ
54 虚子句碑に見ゆる砺波柿の秋
55 口々に暑さを嘆きバスを待つ
56 ひと揺れの地震に夜長の途切れけり
57 車椅子止めて花野に一休み 
58 越し先の祭の中へ子はすぐに
59 山道の砂利の感触秋あかね
60 カンナ咲く癌病棟の中庭に
61 神の国あると思わせ黒葡萄
62 入浴剤入れる良夜の湯船かな
63 不利となる将棋や団扇あふりけり
64 雁や山影に山乗りかかり
65 障子引きまねき入れたる虫の声
66 絵手紙の口より描く鯊の秋
67 靴紐のほどけるままに祭りの子
68 イコモスの候補地めぐる秋暑し
69 しばらくはコスモスの野に迷ひたく
70 雷光に青き筑波のまた浮び
71 この小さき八丁蜻蛉の名の重く
72 廃屋の芒はばかる事知らず
73 木犀の香や投函の道しるべ
74 芒野や忘れ去られし開拓史
75 狭庭には狭庭の蟲の佳境あり
76 この山のだんだん憎き茸狩
77 うづたかき残土に立てり秋桜
78 しづけしや虫鳴くばかり無人駅
79 青田波棚田濃みどり薄みどり
80 邸園の栄華を今に石蕗の花
81 ばったんこ木の間を洩れ来るあり
82 鳥かぶと水に遅れて山暮れぬ
83 コスモスのインスタ映えを気にしてる

投句ありがとうございました
選句は
毎月22日~月末まで

選句