トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 
1 コンビニのおでんの蓋を開け覗く
2 サンタ帽阿弥陀にメリークリスマス
3 安寧の庭へと走る戌の年
4 振り向けばそこにも雪虫しか居らず
5 一山の白の山茶花今見よと
6 磨き上ぐガラスの先の凍てし薔薇
7 寒の雨切手の角のはがれけり
8 滴触れ木花となるや野辺の朝
9 雪嶺にかかり白雲動かざる
10 初明り湾に動きしもののなく
11 大寒の撫牛どこも温かし
12 道場は大寒なんぞ無きし如
13 句仲間の絆弥増す初句会
14 寒晴の空透き通る鳶の笛
15 冬波は鋼の如くベイエリア
16 口癖は止まぬ雨なし初商
17 外つ国へ七十路ひとり旅始
18 明星のさらに輝く三日かな
19 息白く飴の兎の生まれけり
20 大梁の幣の真白や寒造
21 箒目を大事に遊ぶ初雀
22 女正月噂話に花が咲く
23 冬晴の川辺に不意に見しひすゐ
24 棒で描くへのへのもへじ日脚伸ぶ
25 探し出す小さな秘宝竜の玉
26 ラブレターとは程遠き賀状かな
27 辛夷の芽杣のあしおと余すなく
28 書初や投句用紙に楷書とて
29 取消
30 門松立ちオフィス街の灯り消ゆ
31 練習と寒緋桜を見て歩く
32 冬日には何の落ち度もあらざるを
33 こちら見る鳥居の鳩の淑気かな
34 シリウスの厳しきまでの年の明け
35 左義長のどっと火を吐き崩れけり
36 弾初めの琴爪冷ゆる座敷かな
37 隧道をバスはゆるりと大氷柱
38 御降りに濡れゆくもまたよかれかし
39 今朝生(あ)れて夕べに老いし雪達磨
40 齢より若き冬服もて闊歩
41 竹馬や孫に手本の危なかし
42 日本にマスクをするというオシャレ
43 雲散らし薄ら陽にあり石蕗の花
44 千石山駆けて山茶花白ばかり 
45 風花や天女の遊び心とも
46 元旦の富士晴切って凛とあり
47 寒木瓜や身ぬちの熱のごと朱し
48 とり囲む黙の他人と焚火かな
49 復興の願い届と注連飾り
50 片幹に雪の張りつき冴返る
51 手袋の手をポケットに休まする
52 縫初の博多鋏は夫のもの
53 鶺鴒の波打つ様に飛び去りぬ
54 寒凪や浜に転がるブイひとつ
55 葉隠の額を掲げて寒稽古
56 大寒や下水工事のマンホール
57 風花を受け葬列のしんがりに
58 凧揚や湖の光をひつぱりて
59 初漁や船次々と汽水越ゆ
60 受験子や今日のみスマホ許さるる
61 ギャグのやう入れ歯飛び出すおおくさめ
62 GDP発表の日や雪を掻く
63 やり過ごす子ら一本の雪のみち
64 同胞の病みたる床にも年明ける
65 大樽の独り言いふ寒造
66 ポインセチア心の通ふ人と居て
67 鍬持ちし手に巫女鈴や里神楽
68 手入れ行き届く山茶花記念樹と
69 寒鯉となる貫禄の胴回り
70 寒紅をさしてわたしでない私
71 ため息のこぼるるところ襟巻は
72 玉砂利の音心地よし初詣
73 大空へ水の煙や出初式
74 初夢のモナリザに泣きぼくろかな
75 雪晴れに誘い出されて節分草
76 寒釣や土手に竿さし手を擦る
77 小編を読み上げ大根煮上がりぬ
78 末枯や老いゆく身にも遅速あり
79 ラグビーのボール静かに置きにけり
80 天を突く槍の穂雪を留めざる

第185回冬野インターネット俳句会

選句の頁(平成30年1月)

81 スーパームーン借景に初鴉
82 靴箱の上の裸婦像春隣
83 親不孝通り朝の鐘冴ゆる
84 披講子の少し節つけ初句会
85 背伸びしてふくらはぎつる炬燵の間
86 蕭条と病院裏に冬桜
87 らんらんと定位置にあり冬の星
88 大北風の吠えて艫綱喘ぎをり
89 酒蔵の甍に覗く寒雀
90 市庁舎に平和宣言淑気満つ
91 冬の雨木々の息吹のやはらぎて
92 すれ違ひ同士見ぬふり春着の娘
93 木枯にサービスするわと云ふ女将
94 芒原どこもかしこも風に揺れ
95 水仙や安売り墨書の明朝体
96 勤行に合はす水洟啜りかな
97 冬銀河宙に最果て有る無しや
98 元朝の新聞受けの軋みかな
99 初風の夢の中にも友の顔
100 父の手や埋火の守うす明かり
101 福引の垂涎の的オートバイ
102 山茶花の自生北限地といふも
103 凍て薔薇の次次莟む勢ひかな
104 冬の駅肩をすぼめて囁ける
105 凧糸の弓形になる高さかな
106 師の庭や蝋梅の香を聞きをりぬ
107 大榾や婆(ババ)の得意は艶話
108 竹爆ぜて忽ち盛るとんどの火
109 名簿より友の名消してゆく寒さ
110 眼裏に己が残像初鏡
111 のびのびと「道」のしんにゅう筆始
112 鰤一本抱へて娘家族来る
113 買初の自販機の吐くおつりかな
114 酒蔵の古き祠や寒紅梅
115 死語ばかり使ひ我らの三が日
116 あらためて見る故郷の初山河
117 指先の触れゆく点字春隣
118 定刻の宇宙船ゆく冬の月
119 春近し犬はリボンの耳揺らす
120 輪飾を揺らし続ける雀かな
121 海外は怖いという子室の梅
122 笹子来てあのねあのねを繰り返す
123 曇天へそれぞれ主張して冬芽
124 取消
125 門閉ざす園の中より春隣
126 歳晩といふ布衣の身置き所
127 雪明り膝つつましき針はこび
128 久方の友の笑顔と賀状来る
129 友の死に齢重ねて雪中花
130 寒造り黒板塀を湯気の這う
131 鉄塔に取り付く補修しまき雲
132 日の戻る桜落葉の並木径
133 俳暦定位置に掛け去年今年
134 チェロの音の深く明るく春隣
135 ラグビーや胸板厚き子となりぬ
136 蝶たかく低く山茶花めぐるなり
137 小春日や神七福の古地図いく
138 氷塊のごと白菜冷たく重し
139 チャンネルはNHKに晦日蕎麦
140 ゆっくりと日の降りてくる紅葉峪
141 去年今年か細き骨の治療かな
142 よべの雨雪と変はりて積もりけり
143 病得て静かな暮らし日向ぼこ
144 新車へとめつたやたらに玉霰
145 めざすべき沖のありけり読みはじむ
146 風を待つ凧の写楽の睨み貌
147 たましひの形と重さ寒卵
148 一病を抱へ春待つこころ切
149 草擦れの頬に涙のラガーかな
150 冬の川魚の口が水を出て
151 多言語の溢れ犇めく初詣
152 取消
153 懐炉貼り人より長く勉強す
154 おみくじを見せて乙女ら初笑
155 風花や風を背負って郵便夫
156 凍星のささめきに耳そばだてる
157 軍手とは恐ろしき名や冬耕す
158 戸惑ひはその震へにも寒牡丹
159 初春や古賀メロディの収集車
160 開くことのなき硝子戸に寒椿

投句ありがとうございました
選句は
毎月22日~月末まで

選句結果発表

選句

※二重投句により取消3句