トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 

第179回冬野インターネット俳句会

選句の頁(平成29年7月)

84 廃線の駅舎に孵る燕の子
85 甲高き声の抜け道花火あと
86 夏休み鉄扉を閉ざす女学院
87 お花畑夕べの星の眠るとこ
88 クーラーは母の専権事項なり
89 夏霧の中より湧き来渓の音
90 それぞれに初恋美化しビールかな
91 アメンボと三尺の鯉水一重
92 師のサイン句集に賜ひ涼しかり
93 自転車に乗れた笑顔や夾竹桃
94 明日登る乗鞍岳の夕銀河
95 牛蛙太く大きく梅雨を呼び
96 木洩れ日や葉裏の実梅ありありと
97 流星を待つこと久し願ひ事
98 朝顔の朝な朝なに新しき
99 山笠や海は陸より静かにて
100 汗しとど水分補給追ひ付かず
101 朝曇船笛やまず猟師町
102 婆の手の一気に突けり心太
103 婦人傘さして漢の墓掃除
104 歳を減らしたり彼女の夏帽子
105 わだかまり水に流して心太
106 炎天に口開けしまま被爆像
107 干草の風の芳し二番刈
108 干し場なきほどに洗濯梅雨晴間
109 山男杣道行くをほととぎす
110 紺碧の海へ川藻を刈り進む
111 樋はしりけぶりたちたる喜雨の粒
112 竹林の音を閉ぢ込め梅雨荒るる
113 片蔭や猫は慌てて身を隠す
114 鱧の皮明るうなりぬ雨後の宵
115 風鈴に陸奥の波音きこえくる
116 駆けてゆく靴あべこべの祭りの子
117 つまみ喰ひしたか半ドア冷蔵庫
118 筍を貰ひ筍づくしかな
119 六月を杜の老杉佇ちてをり 
120 夕端居推敲重ね迷ひをり
121 梅雨空の雲にからすの点一つ
122 ソムリエは背高のつぽ水中花
123 水辺への道山百合の香を分けて
124 雷鳴に下る山道細うして
125 状差しに昭和の手紙西日濃き
126 峰雲や球児はつらつ甲子園
127 山里の四五戸賑わふ燕の巣
128 四十雀短期睡眠の我は舟
129 父祖の地へ帰る道なり青田風
130 朝顔の朝な朝に朝日さす
131 職退きてゆとりの端居寂しさも
132 哀愁の島唄に酔ふ夏の夜
133 散り残す紅蓮に日の傾きぬ
134 石たたきつつつと抜ける梅雨の底
135 くり出して下駄かたかたと阿波
136 街を行く人の歩ゆるむ小向日葵
137 梅雨明けや先頭打者の金属音
138 場所取りや天下無双の花南京
139 暗転の空をひっくり返す雷
140 諍ひに句点打ちたく髪洗ふ
141 涼しかりけりマネキンのみな細身
142 藻刈人流れに足を踏んばつて
143 吊橋の高さを見せぬ夏の霧
144 汗の世に暮らす口癖なんだ坂
145 風鈴の呼ぶ山の風海の風
146 二の腕の錨のタトゥー南吹く
147 関跡の碑のみや合歓の花
148 万緑や夢の後なる遺跡群  
149 梅雨末期人と逢はざる今日一日
150 厨より妻の悲鳴やごきかぶり
151 水滴が涙を隠す泳ぎかな
152 藍暖簾刺し子の白き糸涼し
153 曖昧なこと言はないで合歓の花
154 部活の子汗の色にも差のありて
155 荒梅雨の真つ只中に吾ありし
156 空蝉の目玉まん丸見えを切り
157 蝉しぐれ小さき杜をふくらませ
158 籐椅子に身体預ける女性かな
159 やわもちはクリームチーズアイスかな
160 梅雨晴間エンジン唸る苑手入れ
161 滝底へ螺旋の道のなだれ落つ
162 粒餡の小豆一匙心太
163 夕焼けの空ねぐらへと二羽の鳥
164 明易の湖面白々鯖街道
165 ミゼットのまだ現役や店涼し

投句ありがとうございました
選句は
毎月22日~月末まで

1 ふと吾子の指差す大樹兜虫
2 帰省子のふる里遠くなりにけり
3 顔見知り気付かず過ぎるサングラス
4 念力をのこし空蝉剥がれざる
5 山麓の茅花の湖へ郭公啼く
6 大青田なほ濃く染めて雨上がる
7 徒ならぬ降りやう梅雨の荒るるとは
8 風鈴の音色聴たる廻り道
9 雨脚の浮葉の間に光りけり
10 ひぐらしに呼び止められし家路かな
11 夏を食う若者達のバーべキュウ
12 夏草に埋れてをりぬ放置墓
13 嗄れ声の一本締で祭果つ
14 ワイキキの海を踏まへて立てる虹
15 炎昼の坂やムンクの顔あまた
16 青葉木菟眠れぬままに時流れ
17 万緑を揺らし吊橋渡りけり
18 電話なき電話ボックス梅雨豪雨
19 吊り橋に風を押さえて夏帽子
20 携帯をマナーモードに昼寝かな
21 心経の疎かならず遠き雷
22 葭切や日の落ち際に声高く
23 休耕田見回る麦稈帽一つ
24 お隣の猫もかたりて夕端居
25 入植の道のぬかるみ大夕焼
26 初蟬に潮の匂を運ぶ風
27 梅雨晴や猫の水飲む手水鉢
28 ゆくりなき客のもてなし冷奴
29 風吹けば焔立つごと青田かな
30 五面打ちする棋士がごと鵜匠の手
31 水底の魚逃げ惑ふ藻刈かな
32 子連れ父ビールを私は買ひに行く
33 虹惜しむあつと言ふ間でありしこと
34 切り花の水揚げてゐる土用かな
35 サンルームには野牡丹と母の影
36 振向けば皆口開けてゐる花火
37 虹の中船は浮かれし客ばかり
38 地下街へ降りる一歩の闇涼し
39 走り根の岩を噛みたる滝の道
40 掌の人の文字呑む雲の峰
41 素麺を摑みて啜る箸捌き
42 日帰りを変へて落着き夕端居
43 能管の舞を押し出し夏ばやし(のうかん)
44 長靴の干されしままや梅雨の明
45 夏草の騒めく夜の露天風呂
46 日焼せぬ時計の跡の湯にゆらぐ
47 鮨つまむやうに頭を蝮捕
48 羊郡を追ふ草笛の風に乗り
49 見た目よし味よし鮎の姿焼き
50 緑陰や安らぎの歩のゆるむ
51 玫瑰の花は美しとげいたし
52 滴りの岩を染み出づ立石寺
53 甚平やパソコンもスマホも無縁
54 夏足袋に僧履替へて曲彔に
55 灯台の光芒能登の星涼し
56 さり気なくもてなされをり吊忍
57 磴半ば滝に憩ひて神門へ
58 荒梅雨に軒の雀も落ち着かず
59 撒水車来て三叉路の水びたし
60 炭酸のカルピス制限言はれたり
61 本当のこと話さうよソーダ水
62 鐘突きて寺の境内夕焼くる
63 老犬の昼寝むさぼる大いびき
64 老鶯の長く大きく唄多く 
65 雨激し轟く雷に呼応して
66 夏空や未だ大人しき昼の月
67 会釈され思ひ当たらぬサングラス
68 風鈴の音色すずしき和菓子店
69 夏富士や硝子のごとき青さして
70 郭公に目覚めて探る子の手かな
71 涼しさを空に積み上ぐビル灯り
72 梅雨晴やしつぽのありしパンダの仔
73 落人を導くやうに黒揚羽
74 葛切りやチェンバロほぐすアルペジオ
75 梅雨茸や菌糸広がり子沢山
76 丸くなり転がりそうな夏の月
77 冷房や鏡と話し髪カット
78 山鳩の寂しく鳴く夜明易し
79 沖よりの風受け流す萱草花
80 一杯の麦茶に咽の生き返る
81 流木の襲ふ集落夏の雨
82 バイク逃げパト追いかくる真夏の夜
83 雀らも海駆けたかろ夕焼け中

選句