トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 
81 帰りには公園夾竹桃も咲く
82 麦秋のプラスの電気帯びるやう
83 サーファーの撓ふ腰美し日矢射して
84 半袖となりしパジャマの更衣
85 鯉のぼり風のなすままなさぬまま 
86 三人目も女の児てふ端午の日
87 若かりし母の日の母夢に逢ふ
88 夜祭の路地は塾への通ひ径
89 漕艇の滑る水面や風光る
90 落椿崩れず土に咲く如く
91 春休み日本の子供皆遊ぶ
92 ふりあふぐ空より匂ふ花あふち
93 眼に色を鼻に匂を残す薔薇
94 草笛や夕日に染まる肩車
95 ため池の空うすにごり源五郎
96 田植機の横断したと分かる道
97 子育ての人の後ろに夏めきぬ
98 ブランコや軽やかな風起こしをり
99 表札を外す暮しに薔薇の門
100 窓を開け庭の若葉を独り占め
101 しがらみを抜けて静かな春の水
102 お手植えの樹々を浄めて若葉雨
103 点々と山頂残す大雲海
104 母の日や外濠の水エメラルド
105 掃除機の毛を吸う猫の五月くる      
106 桜前線魚の遡上の如きかな
107 小満やピアノの音のつたなさよ
108 ばあちゃんの淹れる新茶の甘さかな
109 簡略に鶯啼いて昼闌くる
110 衣更へて口紅も変へ髪も変へ
111 草笛の一曲に忌を修しけり
112 恐竜は黄河を知らぬ黄砂ふる
113 頑なを生き様として古茶新茶
114 塩にぎり裏で頬張る祭店
115 古民家の三和土ひんやり五月闇
116 山の池厭世の蛙かも知れず
117 泥穴についと隠るる鯥五郎
118 田水引く水面の中の散居村
119 先頭は禰宜が乗り込む祭船
120 白牡丹夕べの夢の重すぎて
121 神の島まで玄界の卯浪立つ
122 更正の終の一節夕薄暑
123 囀へカメラの狙ひ定まれり
124 早乙女にユネスコ調査団百人
125 共に住み五十数年年夏に入る
126 針箱の木目うつくしく聖五月
127 振り向かぬ母を追ふ夢明易し
128 合格の掲示スマートフォンで撮り
129 鉄線の花の散りやうまで風雅
130 道をしへ知らぬ存ぜぬ首振つて
131 黄菖蒲にけふの元気をもらひけり
132 猫の爪いのち係りて五月いく
133 吊橋の高さを見せぬ夏霞
134 立寄りし茶房に解きぬ若葉冷
135 襟少し緩めて着たり花衣
136 中空に竹の葉そよぐ立夏かな
137 藤棚やカーテン要らぬ窓となり
138 老鶯の声に猫八笑ひをり
139 亡き父に供へんけふの豆の飯
140 翌檜に意気に立夏のひかりかな
141 噴煙の阿蘇を見晴らす鯉幟
142 大小のしめこみ干され祭果つ
143 静もりて恐れ気誘ふ余花の寺
144 裾分けの筍立たす勝手口
145 五月晴車と友に走る地図
146 どんたくの果て雨脚の強くなる
147 雲間より一筋の日矢五月闇
148 安達太良の尾根くつきりと麦の秋 
149 ロヒンギャの細長き足聖五月
150 君が代を吹いて草笛教へあり
151 若葉風誘ふ味噌蔵醤油蔵
152 四月馬鹿こなれたジョーク又使う
153 ピアス穴増へし福耳祭髪
154 捗らぬ事はさておき妻長閑
155 蟻の道崩れし寺の築地塀
156 寂寞と夜あけの色の花すみれ
157 ミモザ散る聖母マリアの白亜像
158 グランドの空いて燕の天下かな
159 すべり込みセーフや電車内薄暑
160 青あらし戸隠蕎麦を堪能す

第189回冬野インターネット俳句会

選句の頁(平成30年5月)

1 黒髪の長き女性や風光る
2 蝌蚪に足生えて手水を出て来たる
3 強東風の涛の飛び散るテトラポッド
4 満開の桜の枝に満つ力
5 潟風を孕み尽くして鯉幟
6 捨墓の間を埋めて竹落葉
7 夏つばめ跡継ぎのなき診療所
8 老猫の泣いて別れの五月かな     
9 ささ揺れる五月の湖の逆さ富士
10 春愁や父母の遺影に独り言
11 聳え立つ塔の宝輪花は葉に
12 どんたくの賑はひ近く祝ぎの句座
13 せせらぎの一と味添へる夏料理
14 下りより上りが難儀山薄暑
15 水蹴つて恋か喧嘩か水馬
16 リサイクルショップの中の昭和の日
17 新茶汲みおたがひ水に流しけり
18 ナイターやまだ青空の始球式
19 菖蒲湯の溢れ笑ひの弾けをり
20 太鼓腹晒に包み神輿舁く
21 改憲の日本を憂ふ五月かな
22 どんたくや迂回してゆく路線バス
23 草笛のまことの音色なりしこと
24 鼻白粉引いて仕上がる祭稚児
25 フロントは四階とあり河鹿宿
26 唇に指松蟬に耳を寄せ
27 夏料理をとこの卓の喧しく
28 倒木の沢の金気や座禅草
29 頸椎の骨のねじれや心太
30 肩さすりつゝ初めての神輿舁く
31 仮住ひへと移されて目高の子
32 若葉冷普通郵便出しに行く
33 遮莫(さもあらばあれ)わが金魚素気なし
34 板摺の蕗の香こもる厨かな
35 白足袋の軽きリズムや神輿かく
36 俳磚に緑の風の揺らぎだす
37 いくらでも猫の思い出五月逝く
38 霾や街眠たげにして沈む
39 白日傘たたんで六地蔵拝む
40 度忘れも老いの始まり春の夜
41 ガラス瓶透かしてみれば初夏の風
42 万緑や赤子が何か力みをり
43 素数とは割り切れぬもの葱坊主
44 風音のトトロ出さうな五月闇 
45 かがやきつ寂しさも帯ぶ桜花
46 ほぐれつつものの芽けふの色もてり
47 若葉雨杜の都を煙らせて
48 園児らにおねむの魔法蝶の昼
49 隠沼に日の漏れ来る踊子草
50 溌剌と透ける二の腕夏に入る
51 菜の花や百万人のいりたまご
52 庭いぢりひと息入れる新茶かな
53 塾の窓どんたく囃子洩れきたる
54 やどかりの仮設住宅瓶の蓋
55 売られゆく牛の背にある余花の山
56 宍道湖に沈む夕陽や大牡丹
57 青梅の匂ひの好きな姪とゐる
58 「あれ」で足る媼の会話新茶汲む
59 畳んでは広げる傘よ新樹雨
60 惜春といふ溜息のやうなもの
61 まだ見えぬ梅林なれど風匂ふ
62 たんぽぽの絮飛ぶ構へして揺れて
63 麦の穂や地産地消のレストラン
64 子も犬も追いかけてゐるシャボン玉
65 単線のそこから先はかげろふよ
66 春泥に汚れた重機洗う人
67 たつぷりと絵筆を濡らす花菖蒲
68 ドアホンも付いて居る局風薫る
69 ウリ坊に似たる筍走りそう
70 母の日を待たず届きしプレゼント
71 リウマチの指に卯の花腐しかな
72 夕づつやビル曲がる風夏めける
73 山水を誘ふ湯宿新茶汲む
74 大仏の胎内巡り五月闇
75 新緑を吸ひ新緑に呑まれけり
76 航跡を拡げタンカー陽炎へり
77 忽然と倭寇出さうな夏霞
78 はつなつの空を飛び交ふブーメラン
79 眠る夜に老いては猫の五月いく
80 青あらし工事現場に青シート

投句ありがとうございました
選句は
毎月22日~月末まで

選句結果発表

選句