トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 

第183回冬野インターネット俳句会

選句の頁(平成29年11月)

1 強者に王手飛車取り秋の晴
2 リフトより野山の錦見渡せり
3 影見せず色鳥鳴くも奈良らしく
4 冬耕の腰伸ばしつつさすりつつ
5 石蕗咲きて仰ぎし空の青さかな
6 田も畑も秋草深く朝倉路
7 緩みてはまた足早に秋の暮
8 芒原声のみありて人見えず
9 玖珠川の靄あいあいの紅葉や
10 小春日や野点の席の緋毛氈
11 冬初めビルに凭るるビルの影
12 遮音壁彩る蔦に夕日濃く
13 おでん屋台男の隠れ家のごとし
14 部屋中に湯気立ちのぼるブリ大根
15 余生なほ遊び心を文化の日
16 涸川に来て色よき石を拾ひけり
17 鶏小屋と呼ばれし校舎冬近し
18 雁が音の賑々しくも寂しかり
19 門灯の笠濡れそぼつ小夜しぐれ
20 大根の葉入りの飯や飢餓の頃
21 そこいらに雀の遊ぶ小春かな    
22 顕示してあんな処に石蕗の花
23 冬晴や市民マラソン競ひ発つ
24 朝時雨抱かれて届く回覧板
25 軽トラの傾ぐほど引く大根かな
26 亀すでに化石のかたち暮早し
27 凩や給湯温度二度上げる
28 古代へと思ひを馳する朴落葉
29 樫鳥や脂にそそけし松の幹
30 切株に残りし毬や冬に入る
31 谷底の光集めて冬紅葉
32 しぐるるや汁粉サンドを頬張りぬ
33 断崖に風筋あらはしだれ萩
34 野で人に犬にも遇ふて草の花
35 灯火親し栞の出番要らぬほど
36 廃屋に気ままにゆれて通草の実
37 茶の花の蕊を見んとて屈みけり
38 舞ひはじむ木々の色ずき雪吊りや
39 炬燵から出れず世間に疎くなり
40 大方は力抜けたる懸大根
41 安宿の窓らしき窓目貼かな
42 蔦紅葉剥げし白壁覆ひたる
43 竜の玉しやがんで惜しむ別れかな
44 山茶花に散り敷く砦一揆跡
45 落葉踏む音を楽しむ小さき靴
46 邪魔だとは言へぬ子の引く大根かな
47 十月の雨の東京とはなりぬ
48 夜学子の年少ながら元気よく
49 小春日や猫の昼寝は屋根瓦
50 一斉にビルの灯釣瓶落としかな
51 水張りて鴨待つ里の田の光る
52 湯豆腐や京の思い出また増えて
53 杭の数止まる蜻蛉の数等し
54 太陽を宿して零る芋の露
55 予防注射すればたちまち底冷す
56 台風を耐へねば成らぬ稲穂かな
57 初冬の昏れて重たき雨の音
58 紅葉せぬ樹々も又良き紅葉径
59 足音の後からついて来る枯葉
60 落葉踏む音の大小父と子と
61 能勢の便り茶席に聞くや亥の子餅
62 小春日や花びら薄き木の下に
63 菊日向虫のむくろの翅ひかる
64 銀杏の踏まれて割れる物もあり
65 入り日浴び存在示す落穂かな
66 冬の雨風も混じりて直ぐに止む
67 流れゆく浮草黄葉後絶たず
68 時雨虹神の島より立ちにけり
69 寂聴の恋の語りや返り花
70 冬山野呪法のぞきし巡る甲斐
71 ぶつけ合ふ論議は果てず日短
72 地獄谷霧より白く硫気噴く
73 小春日や母の残せし鯨尺
74 日残るも衿立て帰る暮の秋
75 大物を待てど動かぬ竿小春
76 ミサイルの飛びたる空を鴨来る
77 子規居士の文机小さし露けしや
78 かそけくも糸を吐きゐる秋蚕かな
79 逆光の色滲ませて冬紅葉
80 冬ぬくし地を這つて来る麹の香

投句ありがとうございました
選句は
毎月22日~月末まで

選句

81 平凡な暮しに飽いて日記買ふ
82 秋日のせ湖一枚の大鏡
83 みちのくに雲ゆっくりと吊るし柿
84 息白きその嘘に騙されてやる
85 トラックの荷台満載木の葉散る
86 寒椿筆鮮やかな朱印帳
87 朝採りの土付大根売られたる
88 粛然と口切の儀や法の場
89 指細き千手観音冬紅葉
90 病む話受話器置くまで炬燵の間
91 茶の花のかをりもろともポケットに
92 少し欠け栗名月でありにけり
93 観楓の幼児は背中合せにて
94 鮟鱇や深海からの便り来る
95 鉢の土畑に還せば雪起し
96 冷まじや怒髪天突く憤怒仏
97 冬眠やシルバー人材など思ふ
98 はにかめる煮込むおでんの筋柔し
99 亡き犬が駆けて喜ぶ大花野
100 照紅葉映す水面の昏れなずむ
101 鰯雲湖一面に敷き余し
102 綿虫の浮遊日を追ひ日に紛れ
103 木の実落つ沼に確かな音ひろげ
104 小春日を終の憂いに山野草
105 本殿を迫り出し対の懸崖菊
106 たらい舟囲む菱の実菱紅葉
107 斜かいに鳥影ばかり冬の塔
108 闇汁や闇が薄目で笑ひをり
109 焚火踏み消すや一切ふつきれて
110 千万の落葉に虫の喰はぬなし
111 立石寺岩に染み入る鵙の声
112 鍋つゆの売り場に並ぶ冬はじめ
113 外苑の黄落飽きぬカフェテラス
114 日本の原風景や柿の秋
115 押さるるや十一月といふ背中
116 小春日や縁に教師の欠伸猫
117 串焼を齧ぶりてゆくも年の市
118 紙漉女三面六臂の阿修羅像
119 寒禽の番( つがい)寄り添ふ軒の下
120 新海苔の摘みしばかりの御御御付け
121 初雪や一椀満たす田舎味噌
122 メモリーが気に成り出して冬に入る
123 折鶴に姿変へたる古暦
124 正午過ぎより人出増え宮小春
125 新米の膳に添へたる生卵
126 ワコールの男物とか冬隣
127 勉強も言訳となる夜食かな
128 喧嘩おさめ炬燵の上の指相撲
129 ブティックを見て回りもし街小春
130 潮の香を過ぎ黄落の香を辿り
131 再会や彼の日換へにしマフラーし
132 焼藷を抱へベル押す真夜帰り
133 一つ鳴き次々呼応虫時雨
134 七五三パパは撮り役抱つこ役
135 雪吊りの幾何学模様立ち上がる
136 人の背に引かれつかれて年の市
137 青春の日々灯りをり返り花
138 紅葉の盆栽棚の上段へ
139 東京はがらくたの町秋の暮
140 一望のキバナコスモス明かりかな
141 百選の寺に風鐸冬安吾
142 ホテル出て仏光寺道初時雨
143 寂しさを肩で払ふて秋の暮 
144 蕎麦を刈る一向一揆衆の嬰
145 帰り花天の使ひと思ひけり
146 凩やマネキンの眼に憂いなく
147 ほろ酔いの駅裏通り小夜時雨
148 鰭酒や返す言葉の無くもなし
149 軽き荷の退院の日の小春かな
150 鶏小屋の常連客に寒雀
151 頼朝の像は留守らし紅葉寺
152 甘へてはつきまとふ猫島小春
153 朝まだき新海苔摘みの夫婦舟
154 駅の名は見えず枯葉の散るを見る
155 木の実落つ一つは鯉の口の中
156 浜納豆夫婦茶碗に分けて食ぶ
157 冷めてなほおむすび美味き今年米
158 雪しんしん回し車のリスの夜半
159 おでん酒後日談さへ聞けぬ仲
160 北風強くとも句心のあればこそ
161 ビニールの傘に柄なす紅葉かな
162 神の旅本を読むのも難儀なり
163 サッチモの聖者の行進実南天