76 三日月に乗つてあの世へ行くもよし
77 「名刀」と張りのある声秋刀魚売る
78 寂聴の句集の余白秋深む
79 葉に縋る空蝉風に耐へてをり
80 肩揉んで揉まれて長き夜は足らず
81 金印の島へさ揺らぐ月の道
82 充実の甘みを舌に新豆腐
83 時計草の実を揺らしたる汽笛かな
84 爽やかや釣り師胸まで川の中
85 太りゆく月に添はせてゆく心
86 台風と云うに乙女は軽装で
87 秋彼岸親のつぶやき子が拾ふ
88 流れ星宇宙の渚へ一滴
89 秋草や襲の色目はんなりと
90 水減りし沼蜻蛉の又低く
91 蒸しパンや鹿の子さつまの芋甘し
92 硬山の裾の慰霊碑ちちろ鳴く
93 秋の蝶車満杯に驚きぬ
94 美人コンテストに応募の女子や秋桜
95 日を追つて夕蜩の遠ざかる
96 梅干の種の中身を噛んで食べ
97 ラーメンに並ぶ人あり秋暑し
98 赤蜻蛉季節はまぎれなく動く
99 年金の受給者もゐる夜学かな
100 月光を浴びて露天湯ひとり占め
101 ナイターのライトに翳る夕月夜
102 秋の夜や老いさへ耳の聡くなり
103 虚子館の展示句に聞く秋の声
104 初潮の退き行く速さ平家滅ぶ
105 えごの花散りて池にも流れあり
106 廃坑は立入り禁止赤のまま
107 鈍行の灯火親しみ旅を行く
108 稜線の左右対称野分過ぐ
109 雲は飛び月どつしりと動かざる
110 偕老の膝を並べて月見かな
111 色鳥の声賑わしき寺領かな
112 携帯の声の追ひ越す無月かな
113 ぼやけたる目にくっきりと夜長の灯
114 曉闇の地震に息吐く花茗荷
115 色替へぬ松や稲荷社修理中
116 七輪に滴るあぶら初秋刀魚
117 手慣れたる手に捌きゆく鰯かな
118 敬老日戦火浴びしが生かされて
119 悪者にされてばかりの毒茸
120 怠け癖一掃したる九月かな
121 秋風や海辺の路地を幾曲がり
122 いま出づる黄の月天変思はせて
123 後の彼岸樹木葬てふ文字多し
124 信州の空気美味しい避暑旅行
125 名月の雲の迫るを教へけり
126 並ばずに買へるチャンポン放生会
127 秋簾巻き上げ路地の風誘ふ
128 朝顔そよ風に揺られコスモス華となる
129 葡萄食べ半分以上は残しけり
130 見えぬかぜ見せてよろこぶ千草かな
131 秋風や何と虚ろなゴリラの眸
132 宿の窓子守歌なる虫の声
133 結界に色を違へし曼珠沙華
134 子犬手を甘噛むまゝに秋思かな
135 ステーキのレアを好みし生身魂
136 秋さんぽ目や耳澄むと街の色
137 パソコンの言うこときかぬ夜長かな
138 サングラス似合はぬ人と似合ふ人
139 颱風によろめきながらアナウンス
140 防塁の石の黙より秋の声
141 同じこと妻が呟く良夜かな
142 波音を聞きつ出潮の月を待つ
143 行くほどに霧濃くなりぬ峠道
144 斧入れぬ杜に湧く池水澄めり
145 家門の影より移る小春かな
146 縦横に蔓のばしゆく糸瓜かな
147 里山の小道花野へ誘われ
148 秋雲や山小屋で飲むカフェオーレ
149 秋彼岸歯ざはりハリと一夜漬
150 秋日傘裏と表の変り様
151 戦知る武具のかずかず城の秋
152 色鳥来ビタミン剤を飲む家人
153 夜食かなぽんと茶筒の蓋開けて
154 幾度もサイレン過ぎる夜長かな
155 曼珠沙華雨中撮影敢行す
1 夕焼や旧市街地のノスタルジア
2 中年の男が選ぶ水着かな
3 スコツチの封解く孤独つづれさせ
4 月澄みて星また澄みて風澄める
5 風じゃれてあっと一吹き花野かな
6 蝉殻の土に戻るや影もなし
7 野仏の石にかへらむ月夜かな
8 刈揃ふ先師の句碑の萩の花
9 颱風や生活変つてしまひたる
10 丹念にグラスを拭きぬ秋黴雨
11 とりたてて取得がなくて男郎花
12 打ちそこねたる蚊小癪な声にとぶ
13 ビートルズの話に及ぶ敬老日
14 初蝉の耳鳴りのごと遠くより
15 新涼の風を集むる帆舟かな
16 何処行くもただ曼珠沙華曼珠沙華
17 色鳥や天は二物を与へざる
18 木犀の匂ひを乗せて風の道
19 波音の近くて遠し花虎杖
20 十五夜の雲を突きさすタワービル
21 燈火親し一つルーペの譲り合ひ
22 走り根に腰を休めて秋念ふ
23 地獄への距離近づけてゐる残暑
24 幾たびも無月の空を見上げけり
25 野牡丹の色を散らせる風少し
26 秋灯し一字読めざる妣のメモ
27 蓑虫の出家のごとく蓑を出づ
28 鶏頭を偲ぶ一日のありにけり
29 爽やかな朝ほど知覚過敏なる
30 子規の名を知らぬ家人や糸瓜水
31 焙り焼てりやきチキン虫の声
32 猫じゃらし脛にじゃれつく通学路
33 朝日出ず狭庭の主は鉦叩
34 小春日に生まれ小春と命名す 
35 通夜帰りはやも落ちゆく夕月夜
36 颱風の進路気がかりなる予報
37 敬老日参加と云うてをられしに
38 葡萄園人で膨らむ幟かな
39 三歳のひとさし指に赤蜻蛉
40 さざ波の槽より掬ふ新豆腐
41 爽やかに孤峰の語りかけてくる
42 玄関に寝ずの番するちちろかな
43 子等の秋運動場の砂を蹴る
44 地震あとの雲のあはひの星冷ゆる
45 聖堂のクルスの影にある秋思
46 大粒の葡萄を囲む笑顔かな
47 開帳の芭蕉堂より秋の声
48 風鈴にときをり強き湖の風
49 つづれさせ喜劇の顔をした悲劇
50 流星や母と一夜を語りし日
51 枝豆の出され御馳走待たれよと
52 秋の蚊に人差指を刺されたる
53 夕霧の包む二人のシルエット
54 赤き星去りてしみじみ夜々の月
55 自転車の打ち捨てられし虫の闇
56 桃剥いて勧め上手な園主なり
57 枕辺に置く虫の音と推敲句
58 迫り来る期限に盛る夜業の灯
59 餡玉に添ゆる一行草の花
60 ピーナッツフランスパン食べ秋涼し
61 秋刀魚焼く今は電子の箱に入れ
62 里芋の葉をころげては玉一つ
63 宵月を背に部活の子の帰る
64 西瓜番いつもスマホを見てばかり
65 石柱の纏ふ秋風史を秘めて
66 品書きに一句添へある茸汁
67 鄙の宿洩れる灯りに糸瓜棚
68 本土への渡船見送る秋日傘
69 釣りに飽き岩の船虫ばかり追う
70 田んぼアート案山子が角で待つており
71 満月を砕く一石海に揺れ
72 コスモスや風の行方にさからはず
73 岸壁へ寄する高波野分来る
74 風に日に透けて揺るるや秋桜
75 撫子や幼馴染の名はよし子
トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 

第193回冬野インターネット俳句会

選句の頁(平成30年9月)

投句ありがとうございました
選句は
毎月22日~月末まで

選句