86 父の日の父きよろきよろと教室へ
87 遥かなる利尻は雲の夏帽子
88 実梅落つ今日はジャムの手つくり日
89 紫陽花の海より深き色となり
90 くねくねと尾を灯にかざし夜の金魚
91 筍を剥くたくましき母の指
92 ソーダ水噂も泡もよく飛ばし
93 辣韮剥く真の己が見えて来る
94 三伏の河さかのぼり翔ぶかもめ
95 枇杷の角曲がりてはたと道違へ
96 天気予報少し嘘つき七変化
97 山伏やウユニ湖の塩苦(にが)甘し
98 父の日や単身先へ娘のメール
99 競艇にはまる亭主を濁り鮒
100 銀座にてまず買い求む夏衣 
101 軽トラの泥撥ねて行く桜桃忌
102 老幹の半分朽ちて柿若葉
103 たたみ来る波の消息大南風
104 右隣よりさり気なく扇子風
105 まくなぎの通過選句の過去を読む
106 肩馬の子でも届かぬ花葵
107 頂の雲押しのけて五月富士 
108 雨を乞ひ変化停めたる七変化
109 だいそれた運の無き幸冷奴
110 梅雨寒や痩せ衰へし犬の逝く
111 乗込みに沸き立つ若き葦辺かな
112 カラー抱きウェディングドレス歩み出す
113 竹林の風やはらかし著莪の花
114 青空のブーケ何処へ青あらし
115 ブーケ舞ふ愛の深空や若葉風
116 筍は嫌ひと子等の夕餉かな
117 句誌閉ぢて窓の五月雨眺めゐる
118 千年の樹齢畏き木下闇
119 町なかに鎮もる古刹竹落葉
120 短夜の過ぎて秘めたる夢合わせ
121 海風を押さえてをりぬ夏帽子
122 喜寿傘寿更衣して歩の軽く
123 人を恋ふ心にも似て七変化
124 人を断ち過去を断ちたきサングラス
125 黒揚羽高舞ひて魂鎮めをり
126 夏暖簾売上げ額のつつぬけに
127 灯に光る薬師如来の顔涼し
128 遠雷やCT装置稼動中
129 雷の音の遠くに妹を見舞ふかな
130 池すでに消滅しても雨蛙
131 夜濯ぎの白装束は明日のもの
132 鰺が出て猫も喜ぶ如しかな
133 母さんの歌草笛のビブラート
134 日矢射して青葉貫く一ところ
135 もらひこしゼラニュムの花咲きそろふ
136 出張の帰路はビールやロング缶
137 夏涼しげに髪整える美容院
138 雲一朶茜に染まる夕薄暑
139 潮風に回る風車や青岬
140 夏薊不法投棄の禁止札
141 越し行きし庭に越し来し姫女苑
142 零れても薔薇の香強き一二輪
143 父の日に父の愛した碁盤拭く
144 山梔子の朝の白さの穢れなく
145 ポケットに飴玉一つ梅雨湿り
146 チチッチチと目白うぐいす色で鳴く
147 人逸り流れ逸りて鮎の川
148 蟻地獄下りは膝の笑ひだし
149 山法師の花の高さに風薫る
150 その先は渚に消ゆる跣あと
151 耳に残る黒人兵の草笛の
152 山清水転がり落つる岩屋かな
153 あの被り方はあの人夏帽子
154 玻璃窓に透きし守宮の白き腹
155 ほんたうは潜つてみたい水馬
156 六月や不戦を誓ふこと新た
157 時々はデュエットを決め牛蛙
158 万緑や幼なの踊り力を得
159 落し文三行半もありにけむ
160 六月やサラリーマンの腕まくり
161 スリッパで打つ間もあらじ油虫
162 噴水の風に挑んでゐる乱れ
163 天窓を叩くさみだれ山の家
164 また一つ消ゆる老舗や梅雨灯
165 月見草いくさは許すものならず
166 手の中にある一匹の草蛍
167 短夜の夢に続きのなかりけり
168 物売りに足止めさるる白日傘
169 夏至来る壁に画鋲と刺し傷と
170 ライダーの過去歴を見る夏の夜
1 薔薇園に憩ふ日比谷の昼休
2 一輪車押して筍山下る
3 芍薬の花に試練の雨ひと日
4 たをやかや風の透きゆく若楓
5 手で仰ぐ今日から暑さ従えて  
6 ユーカリの一樹に思ひ出探す夏
7 那谷寺の胎内潜り出で青葉
8 大空を渡る者なし虹架かる
9 山登る前と後ろに励まされ
10 せせらぎの茂みに光る蛍かな
11 赤錆びの釘を引きぬくイースター
12 何となく物憂い日々や梅雨兆す
13 一湾に傾れ込んだる緑かな
14 かと言つて剪らねば挿せず薔薇のまへ
15 どくだみの抜かれ地境整ひぬ
16 雪形の碧き駿馬となりて消ゆ
17 松蟬の近く潮騒はるかなる
18 楊桃を逆さの傘に摘み落とす
19 山を消す幕引くやうに夕立かな
20 たまに出て家人騒がす油虫
21 少年のえぐき匂ひや栗の花
22 万歩計暫時休息梅雨最中   
23 渓流の魚を追ひかけ梅雨晴間
24 月見草空に開きて凡ならず
25 手際よく一途に草を引いてあり
26 瀬の音にからむ風音破れ傘
27 樫若葉風のささやく獣道
28 夏帽子脱ぐのを忘れ受診する
29 温泉煙に乱れてをりし栗の花
30 風邪を呼ぶこのアマリリス花三つ
31 ほととぎす鳴くや箱根の道険し
32 画用紙を反らせて夏至の水彩画
33 遠蛍ここで佳いよと車椅子
34 信じますまくなぎサラダを襲へども
35 沸きに沸くつつじ祭の根津の里
36 濡れて花朴は天井夢のよう
37 八ヶ岳甲斐駒ケ岳大夏野
38 芍薬の雨の匂といふ重さ
39 初生りの胡瓜ポキッと匂い立つ
40 万緑に降る雨青き峠路
41 苧の音夏空へ飛ばしたり
42 一瞬を瞼に残し翡翠去る
43 蛍見に逸る心の嫗かな
44 くちなはの蔵の手摺にながながと
45 青葉潮西の遥かにある浄土
46 蟻の列身の丈こゆる餌を掲げ
47 筍やそこはかの陽のあるあたり
48 ぽい捨ては許すまじくと四葩かな
49 梅雨入りや古書店の古書匂いたる
50 サングラス掛けて見て居るひとの鼻
51 金泉に隠れたる身や玉の汗
52 靄のそこ青水無月の早瀬鳴る
53 若葉風影にも色を配るごと
54 たかんなの黒子足蹴にする子かな
55 伸ぶるだけ伸びて夏草廃線路
56 隠れん坊忘れてほじる蟻地獄
57 子らはみな青葉の風となりにけり
58 遠足のしんがりを待つ木陰
59 露天湯は此処より右へ麻暖簾
60 夏の蝶産卵ダンスに余念なし
61 日面と日裏くつきりさくらんぼ
62 十薬の雨の軒下干してあり
63 夕影を率ゐてヨット帰港せり
64 転げ入るボール緑陰より返す
65 あのときあゝすればの思ひ青林檎
66 オーデコロン付けて女は年をとる
67 神輿舁くまでに一杯やる漢
68 夕景の涼しき七里ガ浜かな
69 しばらくは滝音に身を任せをり
70 早乙女の膝の眩しき田面かな
71 渓流の飛沫を掠め岩燕
72 群泳は大魚の形雲の峰
73 稚児の手を重ね重ねて若楓
74 汗を拭く薬師如来のみ光に
75 雨の日は読書と決めて昼寝かな
76 筍の間引かれ藪の風透ほる
77 雲晴れて蒼の戻れり夏の海
78 朝涼し犬の散歩を兼ねてをり
79 夕日浴ぶ茅花流しや古戦場
80 息潜め蛍待ちゐるしじまかな  
81 豆の花咲かせラジオを連れとして
82 首洗池を根城としたる蛇
83 楊梅の一粒づつの光りかな
84 紫蘇を喰ふもの好き虫もゐるものよ
85 萍の花ファインダーをはみ出せり
トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 

第178回冬野インターネット俳句会

選句の頁(平成29年6月)

投句ありがとうございました
選句は
毎月22日~月末まで

選句