トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 
 
 

雑   詠          阿比留初見 選

山焼の匂ひ纏ひて杣の人  手塚 直人 
なみなみと酌むや立春搾り酒    同
囀や一人で漕げる一輪車     同
芽柳や水縦横に蔵の町    同
虚子の説く俳の極楽山笑ふ 古賀 伸治 
鍬洗ふ草の束子や水温む    同
苔むして句碑の貫禄梅香る    同
心にも何か急くもの木の芽時     同


 冬 野 集       持永 真理子 選

妻に糸通してもらふ春の昼  大津 英世
うららかや笑みでごまかす英語力      同
腹中にマグマ貯め込み山笑ふ     同 
いそぎんちやく食ぶも柳川一人旅 手塚 直人
おきうとに父母偲ぶ彼岸かな    同
みほとけの六郷満山鐘朧    同 

    
課題集 (木蓮・春風)   黒田 純子 選
    

春風に心も軽く身も軽く  原井 祐子
紫木蓮母の遺せし帯いくつ     同 
春風や女ばかりの従妹寄り    同 
エンジンは春風ですよ縄電車 阿部 弘子 
嘶きを運んで来る春の風     同 
紫木蓮昔ここらに女学校     同