トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 
 
 

雑   詠          阿比留初見 選

置く物に忽ち生る秋の影  三好 勝利
室外機部屋の残暑を吐き出して    同
棚経の声撥剌と代替り     同
赴任地は島のまた島夜這星    同
新涼や鳥居くぐりてよりの風 柴田 佳津子
初秋の波音たたむ松林    同
藏元の梁つやつやと秋涼し    同
客辞して座敷にのこる月明り    同


 冬 野 集       井上 醇女 選

長き夜の静寂てふ音もて余す  草野 尚葉
長き夜や夫の気配のする厨      同
熱の子に夜長読みつぐ赤ずきん     同 
都府楼は親しき史蹟草の花 古賀 伸治
誉め言葉爽やかにして短かくて    同
初めての裏冨士見るも花野かな    同 

    
課題集 (霧・水澄む)   吉田 文代 選
    

霧深し大王杉を育める  金子 比古朗
復興の陶土を粘るや水澄める     同 
水澄むや復興なりし陶の峡    同 
山霧のハンドル確と峠越ゆ 井上 醇女 
霧深く尾灯にたよる高速路    同 
白鷺の見張る河川の水澄めり     同