トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 
 
 

雑   詠          阿比留初見 選

麦飯や生きて卒寿の皺深し  石井 敦子 
梅雨を病む胸の薄さの弟よ    同
年順には逝けない此の世梅雨寒し      同
紫陽花や雨より貰ふ深き藍    同
明易や寂光浴みて普賢岳 手塚 直人 
城閣の反り美しく五月晴    同
湧水に映ゆ白妙の花菖蒲    同
殉教のハライソ見たり大夕焼     同


 冬 野 集       古賀 伸治 選

軋む音さへ懐かしき古籐椅子  古賀 幸子
雨意近き風の重さよ栗の花      同
俳諧道吾も鈍行蝸牛     同 
リハビリに通う身となり青田径 矢野 米子
梅雨らしき雨の日となる昨日今日    同
杏の実今年は不作の時ならむ    同 

    
課題集 (さくらんぼ・短夜)   柴田 慧美子 選
    

さくらんぼ長寿の相の掌に  左田野 和女
じやんけんはいつもぐうの児さくらんぼ     同 
五線譜に並べてみたきさくらんぼ    同 
さくらんぼ句座に歓声上がりけり 辻  美彌子 
お使ひの子にごほうびのさくらんぼ     同 
短夜をまだ推敲にいそしめり     同