トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 
 
 

雑   詠          阿比留初見 選

鵜馴らしや水確かめることもして  古賀 幸子 
鵜馴らしの始まる川に神酒ながす    同
舷を叩く音より鵜を馴らす      同
なまけ鵜を馴らす鵜匠にある根気    同
在りし日のままのイーゼル春埃 山口 裕子 
声ひそめたき春蘭の色であり    同
春埃拭きて鳴り出すオルゴール    同
ときめきは戸惑ひに似て初桜     同


 冬 野 集       持永 真理子 選

日の匂ひ抱く一樹より初音かな  柴田 慧美子
子の声も礎石も光る野のすみれ      同
子等の声すぐ春光となる野かな     同 
よく似合ふ小犬のジレー春時雨 古庄 たみ子
春浅しインク切れてふプリンター    同
春愁や延々つづくビンゴにも    同 

    
課題集 (慈姑・残雪)   吉田 文代 選
    

残雪の心もとなく庭の隅  西久保きくの 
天山におむすび程の雪残る     同 
慈姑食べず嫌ひで通し年経たり    同 
大鉢に探す慈姑の十個ほど 石山 敏郎 
残雪の麓に火山観測所     同 
残雪や降りる人無き峡の駅     同