トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 
 
 

雑   詠          阿比留初見 選

史跡野も山も緑のしたたれり  馬場 紀子 
石人の守る古墳や竹落葉    同
膝を折り牛も寛ぐ夏野かな     同
揃へ置く双眼鏡と夏帽子    同
むらさきの烟をちこち麦の秋 三好 立夏 
千枚田とは言へずとも麦の秋    同
万緑や樹々にもありし青年期    同
ほととぎす聞くためだけの耳二つ     同


 冬 野 集       赤坂 邦子 選

宝満山の水引き入れて花菖蒲  宮田 良子
水打つて志士月照のゆかり宿      同
青春の日々もありなむ黴の文     同 
句碑に触れ川面に触るる夏柳 井上 醇女
万緑の深さ落ちつく山の茶屋    同
終バスの過ぎて蛍の光る水    同 

    
課題集 (蝸牛・夏帽子)   三好 勝利 選
    

蝸牛にも急がねばならぬこと  島原 仁代
一途にもバックを知らぬ蝸牛     同 
友偲び目深にかぶる夏帽子    同 
突然の雨に夏帽逃げ惑ふ 持永真理子 
渋滞の先頭にゐる蝸牛     同 
囃しても聞く耳持たぬ蝸牛     同