トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 
 
 

雑   詠          阿比留初見 選

待つ二人遅るる二人薄暑の歩  伊藤 ひさ子 
城門を絡めて香るすひかづら    同
手伸せば忍冬の香の降つてきし      同
水遁の蝦蟇の眼に動きあり    同
句碑読みて野の花尊ぶ春の里 櫻井 榮一 
句碑巡り伊香保の桜一重八重    同
花くぐり柳くぐりて初つばめ    同
花吹雪札所の鐘に願ひ込め     同


 冬 野 集       古賀 伸治 選

麦秋の故郷哀し過疎化急  江﨑 八郎
門前に此れ見よがしの幟かな      同
玄界の船旅飽かず飛魚見て     同 
持ち寄りの自慢料理や子供の日 鎌田 秀徳
継ぐ子なき畑に老いつつ茄子植うる    同
介護士のやさしき笑顔若葉かな    同 

    
課題集 (麦刈・武者人形)   柴田 慧美子 選
    

一ト鎌の知らする出来や麦を刈る  萩原 豊彦 
夕日追ひ夕日に追はれ麦を刈る     同 
麦を刈る老赤銅の力瘤    同 
下校児の影麦刈の風の中 宮脇 睦子 
飾りたる武具金箔の昇り竜     同 
武具と馬具飾り二代のとき繋ぐ     同