トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 
 
 

雑   詠          阿比留初見 選

点鬼簿は冬野の宝墨涼し  阿部 弘子 
汗涼し明日の準備の杭を打つ    同
日焼してきびきび足場組む漢     同
吾の一歩蟻千匹をひと跨ぎ    同
徐に洗ふ墓石の灼けてゐし 石橋よう子 
新涼や太き梵字の始祖の墓碑    同
立秋と聞けば葉擦れもせせらぎも    同
路地裏の風吹き戻す今朝の秋     同


 冬 野 集       赤坂 邦子 選

秋めくや会話生き生きして来たる  下原口允子
秋めくやお洒落心の目を覚ます      同
己が曳く影の長きも秋めいて     同 
風信のごと病葉の舞ひ落ちぬ 宮田 良子
水盤の広さに浮べ供華一つ    同
秋めきしこと給食のメニューにも    同 

    
課題集 (小豆・盆の月)   多田 蒼生 選
    

盆の月踊り櫓の大漁旗  田中 南嶽
島今に旧暦であり盆の月     同 
生月の島訪ひし日の盆の月    同 
吾が長寿祝ふつもりの小豆干す 松尾 昭良 
まだ遠き父の齢や盆の月     同 
夢に逢ふ人みな故人盆の月     同