トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 
 
 

雑   詠          阿比留初見 選

天帝に呼ばれいしかや鷹柱  小河 美紗子 
もう追へぬ視線の先へ鷹渡る    同
虫の夜身内だんだん透けてゆく     同
望遠鏡月のロマンを暴くかな    同
散るもよし散り敷くもよし野路の秋 黒田 純子 
気まぐれな風に乗りゆく草の絮    同
湖風にささやくほどの薄紅葉    同
露座仏の横顔にある秋思かな     同


 冬 野 集       三好 立夏 選

茶ごころを見せて色良き式部の実  古賀 伸治
草の実をつけて着席地鎮祭      同
偲ぶ座の進まぬ御酒や月今宵     同 
山彦を正しく返し秋の山 中川 萩坊子
秋晴の影あるやうでなきやうで    同
烏瓜過ぎたる色をさらしをり    同 

    
課題集 (落花生・行秋)   井上 醇女 選
    

行秋の日和が誘ふ山歩き  多田 蒼生
行く秋に取り残さるる心地かな     同 
お喋りの合間を繋ぐ落花生    同 
習志野の落花生掘り懐かしや 古賀 伸治 
行秋や災禍復興まだ半ば     同 
行秋や目途たたぬまま災禍村     同