トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場 
 
 

雑   詠          阿比留初見 選

点滴のとれし病床あたたかし  松尾 昭良 
看護師の声も何やら春めきて    同
春風に踏み出す一歩退院す      同
囀に杖の一歩を止めにけり    同
決勝に進む一勝風光る 古賀 伸治 
人生の悲喜かげろふを追ふに似て    同
デイケアの帰りの元気風光る    同
茂吉忌につづく朱鳥忌春の雪     同


 冬 野 集       古賀 伸治 選

旅はもう駄目と自得の花吹雪  宮崎 九十九
懐かしき響きを残し昭和の日      同
上皇后とは又粋なこと月朧     同 
雲雀野は貸し切り空に弾け啼く 秋山 利子
椿寿忌や惚けるこころ鞭打たな    同
灯も付けず母の悲しむ春の闇    同 

    
課題集 (金盞花・朝寝)   柴田 慧美子 選
    

朝寝未だ夢の途中でありにけり  田中 南嶽 
独りには一人のリズム大朝寝     同 
癒ゆる身に安心したる大朝寝    同 
戒名は貰はぬつもり金盞花 中山  堯 
朝寝してしばし雑事と縁を切り     同 
出張の商談成りて大朝寝     同