選   者   吟    



             葉  桜

                             古賀 伸治  


       博多なら昼のどんたく夜の屋台

       葉桜となり厲風を気にもせず

       仁輪加面頭にどんたくの肩裏衆

       葉桜や鳥も地鳴きに戻りたり

       葉桜や校訓石碑どつしりと


                                                    

        
   
         春 惜 む

                            柴田 慧美子


       北谷へバスいく曲がり懸り藤

       歌ひたくなるれんげ畑里日和

       史を刻む水の里山春深し

       春落葉にも埋もれさう親王墓

       春惜む歩に山の風水の風


 
                 

 

トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場