選   者   吟    



             田螺鳴く

                             持永 真理子  


       バイオ科のある農高や田螺鳴く

       突つ突けば目を覚ましたる大田螺

       大田螺そろそろ攻めに転じたく

       一と言が多く田螺の取られたる

       本籍は他人名義や田螺鳴く


                                                    

        
   
         ある日に山里

                            吉田 文代


       春寒をなほ深めゆく苔の磴

       いくつもの奇岩かかへて山笑ふ

       春寒し石仏の笑み受けながら

       囀や羅漢の耳も動きさう

       一山の鎮もり深し春深し


 
                 

 

トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場