選   者   吟    



             霓 衣

                             古賀 伸治  


       蛸食べて労苦ねぎらふ半夏生

       田仕事を終へし一村半夏生

       参拝の鈴まで暑し宮居かな

       虹淡し霓衣と云ふは消え易し

       梅壺碑すずし藍染川浄し


                                                    

        
   
         鮎の川

                            柴田 慧美子


       明けてきし鮎解禁の瀬鳴りかな

       囮鮎しづくこぼして運ばるる

       瀬を分けて朝日を分けて鮎を釣る

       朝日へと宙を斬りたる鮎の竿

       鮎釣の球磨の流れになり切つて


 
                 

 

トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場