選   者   吟    



             あるときは

                             持永 真理子  


       のどけしや暇もてあます川漁師

       その中の鷗うそぶく春の川

       あるときは北の空見る残り鴨

       空間を一気にさらふ夕つばめ

       朧夜の言葉はすぐに消え易し


                                                    

        
   
         雲雀野

                            黒田 純子


       弾みそむ子の足音に地虫出づ

       はじめての里の案内は春の風

       ゆつたりと春光抱く大河かな

       一水に添ふ雲雀野の広さかな

       野良仕事励ますやうに雲雀鳴く


 
                 

 

トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場