選   者   吟    



             年尾忌

                             三好 立夏  


       晩秋の一と日年尾を偲びつつ

       天高し年尾日和と申すべく

       本堂へ紅葉明りの届かざる

       継承といふも伝統年尾の忌

       木の実降る豊かなる句座賜りぬ


                                                    

        
   
         山池の鴨

                            井上 醇女


       池の朝声曳く鴨に覚まされし

       向き向きに動く鴨まだ陣なさず

       さざ波の音なく光り鴨は点

       突と鴨乱舞の空に息をのむ

       晴れ渡る池に安らぐ鴨の数


 
                 

 

トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場