選   者   吟    



             新 酒

                             井上 醇女  


       たつぷりと新酒を注ぎ句碑披く

       直会の新酒の冷に酔ひ心地

       今年酒酌めば思ひ出尽きぬ会

       この銘酒名付けは師なり新走

       旅の途に会津の新酒試飲せり


                                                    

        
   
         秋 一 日

                            吉田 文代


       いくたびも出て見てもなほ無月かな

       窓を開けかけて小鳥に気付きたる

       色鳥の仔細の近さありにけり

       しのぎ易さの日々に添ふ秋の声

       庭手入れとは好きなこと秋一日


 
                 

 

トップページ  阿比留初見の句  選者吟  雑詠・冬野集・課題集  みんなの俳句広場